脂肪を脱ぎたい。

57歳、身体をひきしめる記録ブログ(にするつもり)

「ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット」買いました

【本日の計測】 体重 57.6kg

計測開始日(2018.8.8) 60.2kg より-2.6kg

☆だるさ大魔王がまだおひきとりになりません。だるい目覚めでした。


【昨日9月22日(土)の食事と運動】

朝 バターコーヒー

昼 おからパン、シチュー残り、洋梨のスムージー

夜 ご飯、納豆、キュウリの味噌&ヨーグルト漬け、シチュー、焼き塩鮭、ほうれんそうの胡麻和え、クリームチーズ一さじ


ダンベル 3kg 15回ずつ○

ステッパー 30分間○

高麗人参エキス○

夜入浴× 

☆だるさ大魔王ご降臨のため、入浴はあきらめて寝ました。優雅に今朝、朝風呂です。


「ケトン体でやせる バターコーヒーダイエット」(河出書房新社 宗田哲男監修)を買いました。‥古本ですけどね。


感覚的になんとなく感じていたことが、理論で説明されている、という感じです。身体には糖質でエネルギーを生産する「糖質回路」と、脂肪でエネルギーを生産する「ケトン体回路」があり、糖質をとると血糖値を下げるために分泌されるインスリンが、糖質を体脂肪として貯蓄してしまう。脂肪をエネルギー燃料にする「ケトン体回路」を使うようにしよう、という内容です。


この本では食事のモデルプランとして

【初級】朝 バターコーヒー、昼 普通食、夜 主食抜き

【中級】朝 バターコーヒー、昼 主食抜き、夜 主食抜き

【上級】朝 バターコーヒー、昼 バターコーヒー、夜 主食抜き

が紹介されてますが、、、なかなかハードですね。初級でも主食は日に一回か。


あと、この監修されている宗田哲男さんは産婦人科の医師ですが、つわりのひどい妊婦さんに生クリームを飲むことをすすめているそうです。う?うえー?生クリーム?なかなか斬新です。もどしにくいし、栄養が取れて、つわりがましになるって書いてあります。ほ、ほんと?


人体実験としてはやってみたい気がしますが、もうつわりは絶対ないから無理だ。残念( ´△`)


さて、前回のゾゾスーツ計測から1ヶ月たちました。そろそろ計測しようと思います。ただ、休日しかできないので、9/23は大丈夫なんですが、10月が23日はちょうど週の真ん中になります。なので9/24に計測しようと思います。

おから蒸しパンを作りました

【本日の計測】 体重 57.6kg

計測開始日(2018.8.8) 60.2kg より-2.6kg

☆まだ増えるかもしれませんが、もう4-5日我慢すれば減るはず。


【昨日9月21日(金)の食事と運動】

朝 バターコーヒー

昼 サルシッチャのトマトソースパスタ、コーヒー(出張にいくときに外食)

夜 おから蒸しパン、シチュー、納豆、キュウリの味噌&ヨーグルト漬け


ダンベル 3kg 15回ずつ○

ステッパー 30分間○

高麗人参エキス○

夜入浴○


おから蒸しパンを作ってみました。糖質制限はそんなに厳格にやっているわけではないです。糖質量を量ったりもしてません。

ただ、どなたかのダイエットブログで見た画像が、美味しそうだったんですよね。食べてみたいなあ‥って思うと、好奇心と興味と食欲が三位一体になって、脳内で訴えてくるんです。


今はバターコーヒー効果か、それとも有酸素運動効果か、食欲はそれほどでもありませんけどね。好奇心と興味が渦巻いてました。


でもねーなんか「おからパウダーがダイエットに効く」ってテレビでやったみたいで、行きつけのスーパーから姿を消しました。


あの!ええっと!おからパウダー振りかけただけじゃあ痩せませんから!絶対痩せませんから!!!


一昨日、復活してたので購入、早速昨日作ってみました。レシピはネット検索で。

うーん。お皿の真ん中に置いたつもりが、ずれてますね。やっぱりこんな私には、食べたものの画像を載せるなんて無理ですね。


おからパウダー30g、ベーキングパウダー小さじ1、卵2個、エリスリトール15g(このために買いました)、無糖ヨーグルト100g、こめ油大さじ1。まぜて4分チン。6分でできたよ!


食べてみました。この分量の半分を、晩御飯の主食として。感想は、


‥‥‥美味しくないですよ!!!美味しいもんじゃないです。小麦粉って美味しいんだなあと改めて、しみじみ、感じました。


おからはおから。おからパウダーほ乾燥大豆なので、大豆くさいです。当たり前ですね。そして食感はぼそぼそです。


もうたぶん作りません。残ったおからパウダーはおとなしく煮物に使います。


だけどもうひとつ作ってみたい低糖質主食があるんです。←懲りないヤツ(笑)またレポートしますね。

主食を減らす

【本日の計測】 体重 57.8kg

計測開始日(2018.8.8) 60.2kg より-2.4kg

☆増加は予測通りですが、また昨夜から「だるさ大魔王」ご降臨なさっています‥。辛いけど乗りきります。


【昨日9月20日(木)の食事と運動】

朝 バターコーヒー

昼 職場の定食(ご飯1/3)、カスタードプリン

夜 ご飯、クリームシチュー、キュウリともずくとカニかまの酢の物、納豆


ダンベル 3kg 15回ずつ○

ステッパー 30分間○

高麗人参エキス○

夜入浴×

☆疲れて、3kgのダンベルが持ち上がらない‥なんとか頑張りました。ステッパーもいつもより汗をかきませんでした。足がむくんでいる感覚だったので、無理して入浴すればよかったのですが、そうすると目がさえて眠気がとんでしまいそうで、寝る方をとりました。ブログやっていなかったら、ダンベルもステッパーもサボっていたと思います。


さて、主食(私の場合、おもにご飯)をある一定量とると、だる眠くなる気がします。血糖値の上昇と関係あるのではと思っていましたが、血糖値の上昇を抑えるデュラムセモリナのパスタでも9/15の昼は、睡眠不足でもないはずなのに「だる眠」炸裂だったので、その仮説は粉砕されました。


まあ、主食一般を一定量とると「だる眠」スイッチが入るのは、経験上間違いない。


そこで、昼の主食を減らすことにしました。もともとご飯は1食100g‥つまりお茶碗軽く一杯を越えないように心がけていましたが、勤務日の昼食は、職場の有志が契約している宅配弁当を頼むことが多く、その一人前のご飯をざっくり半分にして、残りは冷凍していました。この冷凍ご飯を注文を忘れた日のレトルトカレーのご飯にしたり、おかずだけ持参してご飯は解凍して食べたりしてました。「ざっくり半分」は、たぶん125gくらいあると思います(一人前250gじゃないかな?)。これを「ざっくり1/3」にする。


それから家で食べるご飯も、特に昼食は80gを越えないようにします。


バターコーヒーなのか、有酸素運動なのか、どちらの影響かはわかりませんが、主食や甘いもの、いわゆる糖質をそれほど欲しくならないようになりました。身体も、若いときに比べてそれほど必要としていないのではと思います。


ダイエットのためには、「消費しやすい昼に主食を多目にとって、夜に減らすというのがよい」と書かれた本もあります。うーん、これはどちらかというとダイエットのためというよりも、「だる眠」対策なので‥だって昼に眠くなると困るじゃないですか。夜ならそのまま寝ればいいけど。


まあとりあえず人体実験なので、しばらくやってみますね。