脂肪を脱ぎたい。

57歳、身体をひきしめる記録ブログ(にするつもり)

パスタでも眠くなりました(ノдヽ)

【本日の計測】 体重 57.2kg

計測開始日(2018.8.8) 60.2kg より-3.0kg


最低値更新しました。二日続けて最低値は初めてです。


【昨日9月17日(月)の食事と運動】

朝 バターコーヒー

昼 チーズトースト、キャベツと人参の巣籠もり卵、大豆のからめ煮、バナナ、コーヒー

夜 カレーライス、チョコレート二粒(次男のお土産75kcal)


ダンベル×

ステッパー30分間○

高麗人参エキス○

夜入浴○


油臭くてどうにもこうにも‥なギーですが、キャベツをカレー炒めにしたら、匂いは気になりませんでした。カレーライスを作ったとき、やはり玉ねぎをギーで炒めてみましたが、カレーが仕上がったら匂いは気にならなくなりました。カレーほどの強い香りがあれば、大丈夫みたいです。ギーそのものは油としてなかなか優れているようなので、カレー炒めやカレーライスでなんとか使いきるよう頑張ります。


9月15日の昼食に、「血糖値の上昇を抑えるからパスタは眠くならないのでは?」との仮説を検証するべく、トマトパスタをつくって食べたところ‥


眠くなりました。


仮説は撃沈です。トホホ。


ただ、一ヶ月と少し朝食がわりにバターコーヒーを飲んできて、よかったなーと思えることは、「倦怠感はコントロールできるのではないだろうか」と思えるようになったことです。倦怠感、つまり「だる眠」ですね。低血圧、血流悪く、筋肉がない、運動嫌い、東洋医学でいうところの「虚」の体質で、だるさはものごころついた頃からのありがたくないお友達でした。これに排卵と生理があった頃はたぶんその影響もあって、布団から起き上がれないような倦怠感に襲われる日が、たぶん定期的に、ありました。


いろんな原因はあるのでしょうが、糖質の摂取を抑えることで、コントロールできる倦怠感もあるのではないかと、今実感しています。