脂肪を脱ぎたい。

57歳、身体をひきしめる記録ブログ(にするつもり)

ダンベル体操

【本日の計測】 体重 59.2kg

計測開始日(2018,8,8) 60.2kg より-1.0kg


これも昔、一世を風靡しました。ダンベル体操。20年以上前だったと思います。無酸素運動で筋肉をつけて引き締める、という考え方が衝撃でした。いや、ちゃんとした知識がある方にはそんなに衝撃でもなかったんでしょうけど、無知な私はダイエットというと痩せることしかイメージかなかったから。


年を取ってからでも続けられそうだし、実際に高齢者対象のダンベル教室をひらく自治体も現れてましたね。今どうなってんのかなあ?


筋肉と脂肪では重さが違う。体重と体型は違う。筋肉質な人と脂肪が多い人では同じ体重でもサイズが違う。あたりまえなことですが、目からウロコでした。


「1日10-15分のダンベル体操で人生が変わる!」「からだのたるみは心のたるみ」なんてうたっていて身体も心もたるみまくっていた「ぐでたま体質」の私は、「1日10分で人生も身体も変わるなんて、なんてステキ!」ととびつきました。


半年くらいやったかな。本に書いているほどの変化はなかったけど、1-2キロは落ちたかなぁ。服のサイズもそんなに変わらなかったですね。


でも後にジムにかようことを決めて10キロ、2サイズダウンさせたのはこの理論の下地があったからです。


そしてそのうち、ジムに頻繁に通うのは無理、ということもさとります。ジムはたしかにいいです。サウナもプールもあります。泡風呂も、薬湯も場所によっては温泉もあります。でもたとえ徒歩圏内にあっても、家を離れて時間をとるのは難しい。退職したら平日会員になって通うのが夢ですが、そうなると給料もないからそんな贅沢できません。夢のままに終わりそうです。


で、復活したのがダンベル体操です。専門の機械があるジムに比べてはなはだ心もとないいい加減な体操で、筋肉ができているのかいないのか、たぶんできていない気がします。でもとりあえず気休め程度に一通りやっています。


重さは3キロ。かなり重いです。私の力では2キロがいいとこなんですが、2キロのダンベルがモノに埋もれてしまっていて、発掘できていません。こーゆーとこが「ぐでたま体質」なんですよね‥。筋肉できたら片付けます←一生無理かも。